管理の行き届いている霊園を見つけるポイントを分かりやすく解説

女性

お墓の管理をお任せ

お墓

ずっと供養をしてもらえる

京都で新しくお墓をたてたいと考えているのなら、永代供養ができるかどうかもチェックしておくといいでしょう。近年では、子供がいないという家庭や独身のままという人も多く、跡継ぎの人がいなければ自分の家のお墓の手入れもしてもらえないことになります。しかし、永代供養の墓であれば、そこを管理している霊園や墓地に管理を任せることができるので、これから先もずっと安心です。京都の霊園や墓地での永代供養の方法は、それぞれの施設によってシステムが違っています。最初から合同墓地に入るということもありますが、決められた期間の間は個人のお墓を利用できるシステムもあります。この場合には、33回忌までというのが一般的ですが、契約内容によっては17回忌までということもあります。また、京都の墓地や霊園でも50回忌まででも可能な場合もあるので、契約の際にはしっかりと期間をチェックしておく必要があります。期間が終了した後には合同墓地に入ることができるのですが、その際には骨壺のまま入ることができるケースと骨壺から出されてしまうこともあります。骨壺から出されて他の人の遺骨と混じってしまえば、後から個人のお墓に移動したいとなっても取り出すことが不可能になってしまうので注意が必要です。京都の墓地や霊園で永代供養になったら、春の彼岸、夏の盆、秋の彼岸には僧侶による読経によって供養が行われることになります。遺族がまだいるという人でも、京都まで遠いという場合には永代供養にしておけば安心です。